このまちグルメ

2019年03月01日 13時55分 

利休さんのアレンジレシピが話題に

 吹上堂が製造販売する宇部銘菓「利休さん」=写真=のアレンジレシピが話題になっている。和菓子離れが懸念される若年層の注目も集めているという。


 「利休さん」は、黒糖を練り込んだ生地であんを包んだ一口サイズの蒸しまんじゅう。素朴な味わいと食べやすい形状が広く受け入れられ、愛され続けて間もなく100年を迎える。


 菓子業界では数々の受賞歴がある。また、市場で評価の高い優れた製品として宇部市の「うべ元気ブランド・ゴールド」にも認証された。


 伝統の製法と味を守りながらも、時代ごとの嗜好(しこう)に合うように改良を重ねてきた。地産地消にも積極的で、最近では宇部産の米粉を加え、もちもちとした食感を楽しめるようにした。


 そのまま食べても定評がある利休さん。幅広い層の間で話題になっているというアレンジレシピは、ちょっとしたひと手間で新たな味わいに出合える。最も手軽な楽しみ方はトッピング。バターやチョコレート、蜂蜜などを適量添えてレンジで温めると、クセになる味に変化するという。


 また、油で揚げるとカリッとした食感になり、生地に黒糖を使用していることもあり、かりんとうの風味に似てくる。新感覚の「揚げまんじゅう」をほおばると、口の中に香ばしい風味が広がっていくという。


 吹上堂の粟屋光社長は「利休さんの新たな楽しみ方が幅広い年代で話題になってうれしい。和菓子を味わってもらえる機会が増えて、業界全体の盛り上がりにつながれば」と話している。

 

店名 吹上堂
住所 宇部市中央町2―2―1
電話番号 0836-31ー1012