教育
2021年10月25日 13時54分  3面

高校生議会 若者視点で市長らに質問【宇部】

トップで質問した宇部鴻城の新天町盛り上げ隊(市役所で)

 宇部市制施行100周年を記念した「高校生議会」が24日、市役所の議場で開かれた。市内全9校の生徒27人が参加。商店街や常盤公園の活性化、ごみ問題、若者の流出、企業誘致などについて、事前にしっかり勉強した上で、篠﨑圭二市長ら市執行部に鋭い質問をぶつけた。


 各校3人一組で、持ち時間は14分。前半は慶進2年の井上六花(りっか)さん、後半は宇部中央2年の西田安里さんが議長を務めた。傍聴席では〝本物〟の市議ら20人が高校生の奮闘ぶりを見守った。


 開会行事では篠﨑市長が「高校生の視点、感覚から、質問や提言をもらえるのが楽しみ。質問を作る過程で、宇部の取り組みや課題を知ったと思う。政治や行政に無関心でも暮らしていける世の中だが、皆さんの意見や思いを、ぜひ政治の場に届けてほしい。行政と議会はより良いものをつくるパートナー。意見を代弁してくれる人を選ぶ選挙は特に大事」などとあいさつした。


 宇部探究科は新天町でのフィールドワークやアンケートを踏まえて、シャッター街の打開策を質問。「SNSを巧みに使った魅力発信」「若者をターゲットに、空き家を利用したフリースペースやカフェの設置」を提案した。


 宇部中央は常盤公園に「ジェットコースターなどのシンボルや、屋内でインスタ映えが期待できるアクアリウム博物館を設置し、若者の利用を促しては」と意見。宇部高専はクラスメート対象のアンケートで全員が市外就職を考えていたと伝え「情報発信や企業と学生が関われる機会」を望んだ。

この記事の画像一覧

関連記事

  • 2021年12月03日
    14時09分

  • 教育

    2021年12月03日 14時09分

  • 2021年12月03日
    12時25分

  • 教育

    2021年12月03日 12時25分

  • 2021年12月03日
    12時20分

  • 教育

    2021年12月03日 12時20分

  • 2021年12月02日
    14時01分

  • 教育

    2021年12月02日 14時01分

  • 2021年12月02日
    12時09分

  • 教育

    2021年12月02日 12時09分

  • 2021年12月02日
    12時02分

  • 教育

    2021年12月02日 12時02分

購読申込
写真購入