社会
2021年09月18日 12時59分  7面

「シビックテック」が本格始動 行政と企業が協働で課題解決【山口】

 県や山口市は新たなビジネスモデルを創出する「スタートアップ企業」と連携・協働し、デジタル技術を活用して地域課題の解決を図る「シビックテックチャレンジYAMAGUCHI」に取り組んでいる。13日に各部署・市町と協働する企業が公表され、本格始動に向けて動きだした。

 県の環境政策、観光政策、農業振興の3課と、山口市など県内4市町が参加。それぞれの課題に合ったデジタル関連企業とペアを組み、既存のアプリを活用するなどして課題解決につながるシステムの構築を目指す。

 山口市は粗大ごみの収集を申し込む市民の負担を減らすため、デジタル推進課と清掃事務所がオンラインで手続きを完了できるシステム作りに取り組む。協働する企業は地方自治体や住民に関連したツールや、業務軽減のための庁内システムなどを提供している京都府の「G―Place」に決まった。

 県は、環境政策課が東京都の「TAGRE」と子ども向け環境学習ツールの開発、観光政策課が東京都の「Intelligence Design」と主要観光地の観光客数や人流をタイムリーに把握できるツールの開発に取り組む。農業振興課は兵庫県の「サグリ」と、衛星データやドローンを活用して農地の作付け状況を把握できるシステムの構築を目指す。

 細かなスケジュールはプロジェクトごとに異なる。県によると、実用化に向けて今年度中には実証を終える予定という。

関連記事

  • 2021年10月25日
    14時16分

  • 速報

    2021年10月25日 14時16分

  • 2021年10月25日
    13時58分

  • 社会

    2021年10月25日 13時58分

  • 2021年10月25日
    13時06分

  • 社会

    2021年10月25日 13時06分

  • 2021年10月24日
    15時58分

  • 速報

    2021年10月24日 15時58分

  • 2021年10月23日
    12時38分

  • 社会

    2021年10月23日 12時38分

  • 2021年10月23日
    12時32分

  • 社会

    2021年10月23日 12時32分