教育
2021年01月25日 12時41分  8面

10歳児童が〝夢〟披露 鋳銭司小で「二分の一成人式」【山口】

保護者と地域住民らに感謝を伝える4年生(鋳銭司小で)

 山口市の鋳銭司小(久恒香代子校長)で23日、「二分の一成人式」が行われ、今年度中に10歳になる4年生15人が将来の夢を語ったり、保護者に感謝の言葉を伝えたりした。

 保護者と地域住民約40人を前に、児童はこれまでの学校生活の中で成長したこと、頑張ったことなどを発表。続いて将来の夢や目標などを語った。

 同校の卒業生で阿知須共立病院の作業療法士、鹿取泰晟さん(23)が後輩たちの前で「夢」をテーマに講演し、「興味があることに積極的に挑戦してほしい」などとエールを送った。

 児童と保護者の間で感謝の言葉をつづった手紙の交換が行われた後、子どもたちは「夢に向かって努力することを忘れずにいたい」「これからも応援してください」などと力強く決意や呼び掛けの言葉を発した。

 山上璃久君は「プロ野球選手になりたい。素振りをするなど日々の努力を重ねたい」と話していた。
 

関連記事

  • 2021年03月06日
    13時01分

  • 教育

    2021年03月06日 13時01分

  • 2021年03月06日
    12時57分

  • 教育

    2021年03月06日 12時57分

  • 2021年03月05日
    12時44分

  • 教育

    2021年03月05日 12時44分

  • 2021年03月05日
    12時30分

  • 教育

    2021年03月05日 12時30分

  • 2021年03月04日
    13時52分

  • 教育

    2021年03月04日 13時52分

  • 2021年03月04日
    13時40分

  • 教育

    2021年03月04日 13時40分