地域
2020年10月14日 12時36分  3面

高齢者サロン、再開徐々に 「常連の期待に応えたい」【宇部】

秋の味覚を盛り込んだ料理に舌鼓を打つ参加者(縁が和で)

 コロナ禍で長らく自粛を余儀なくされていた地域住民や高齢者向けの「ふれあい・いきいきサロン」「ご近所福祉サロン」。対策を徹底しつつ、再開するサロンが徐々に増えている。


 宇部市神原町1丁目のカフェ縁が和を会場とする「ふれあい・いきいき茶論15(ワンファイブ)」は10日、3カ月ぶりに開催。同カフェ店主で主催者の渡壁正英さん(72)が、秋の野菜をふんだんに使ったランチを振る舞った。


 参加者16人は、保健師からインフルエンザ対策の話を聞いた後、お互いの距離を保ちながら着席した。栗ご飯、カボチャとナスの煮物などに舌鼓を打ち、「おいしいわね~」とにっこり。世間話に花を咲かせた。岩田久子さん(93)は「久しぶりに友人と話せたのでうれしい」と喜んでいた。


 渡壁さんは8月に同サロン10周年イベントを企画していたが、コロナを理由に開催を見送っていた。「3密を避けつつ、いつか催せれば」とし、「今後もサロンを楽しみにしている常連さんの期待に応えたい」と力を込めた。

関連記事

  • 2021年05月13日
    14時05分

  • 地域

    2021年05月13日 14時05分

  • 2021年05月13日
    13時56分

  • 地域

    2021年05月13日 13時56分

  • 2021年05月13日
    12時51分

  • 地域

    2021年05月13日 12時51分

  • 2021年05月12日
    12時59分

  • 地域

    2021年05月12日 12時59分

  • 2021年05月12日
    12時56分

  • 地域

    2021年05月12日 12時56分

  • 2021年05月12日
    12時53分

  • 行政

    2021年05月12日 12時53分