地域
2020年07月13日 12時33分  11面

古里を歩こう・目指せスマイルエイジング その5【山陽小野田】

山頂に続く緩やかな傾斜の遊歩道
山頂の周回道には多くの地蔵が並んでいた

物見山総合公園周回(約3・4㌔)

 

 公園内の遊歩道は道幅があって歩きやすく、梅雨時期でしっとりとした木々に囲まれていた。厚狭護国神社が建つ物見山の標高は、わずかに72㍍。小高い丘のようで、磨石ため池の畔から山頂に続く遊歩道でさえ、さほど傾斜を感じることはなかった。
 
 国道316号沿いの公園駐車場からため池を右回りに進んだ。この時期はぬかるんだ箇所もあるが、気にするほどでもない。ため池を横切り、距離を縮めることもできる。初夏を彩る花菖蒲園を経て、山頂に向かう遊歩道にも数カ所の分岐点があった。
 
 その花菖蒲園近くの遊歩道には新幹線を間近に見られるスポットがある。二つの山の谷間にトンネルが途切れるわずかな区間があるためだ。「ゴォォォー!」というごう音が聞こえてくると、風圧とともに目の前を走り抜けていった。

この記事の画像一覧

関連記事

  • 2020年08月08日
    13時59分

  • 地域

    2020年08月08日 13時59分

  • 2020年08月08日
    13時02分

  • 地域

    2020年08月08日 13時02分

  • 2020年08月08日
    13時00分

  • 地域

    2020年08月08日 13時00分

  • 2020年08月08日
    12時59分

  • 地域

    2020年08月08日 12時59分

  • 2020年08月08日
    12時37分

  • 地域

    2020年08月08日 12時37分

  • 2020年08月08日
    12時37分

  • 地域

    2020年08月08日 12時37分