芸術・文化
2020年07月13日 12時49分  8面

道の駅・仁保の郷にストリートピアノ登場【山口】

ストリートピアノを演奏する児童(道の駅・仁保の郷で)

※会員限定の写真もしくは動画あり

 誰もが自由に演奏できる「ストリートピアノ」が山口市仁保中郷の道の駅・仁保の郷に設置された。地域住民を招いたお披露目演奏会が11、12の両日に開かれ計38組が思い思いの音色を響かせた。

 「思い出のピアノを地域で活用してほしい」と、仁保地域の住民が仁保の郷へ寄贈した。20年以上自宅で眠っていたヤマハ製のアップライトピアノ。演奏者が館内を見渡しながら弾けるよう、吹き抜けの2階部分に設置した。再び命を吹き込まれたピアノが人と人との出会いを演出する。

 全国各地で話題を集めるストリートピアノは、にぎわいを生む新たな仕掛けづくりとしてJRの駅や商店街などの公共の場所に置かれている。仁保の郷の綱木嵩文総務部長(45)によると、中国地方の道の駅では初の設置だという。

 11日は市内の19組が演奏した。山大付属小3年の田村悠花さんは、同級生と一緒に長編アニメ「となりのトトロ」のテーマ曲などを披露。「緊張したけど楽しかった」笑顔を見せ、母親の秀子さんは「音楽が身近に感じられる」と話した。

 綱木総務部長は「誰でも気軽に弾いていただきたい。道の駅を訪れた人たちに癒やしの音色を届けてほしい」と呼び掛けている。

 利用は午前8時半~午後5時。水曜日定休。新型コロナウイルス対策として手指消毒液を設置している。

関連記事

  • 2020年08月08日
    13時11分

  • 芸術・文化

    2020年08月08日 13時11分

  • 2020年08月08日
    13時08分

  • 芸術・文化

    2020年08月08日 13時08分

  • 2020年08月08日
    12時57分

  • 芸術・文化

    2020年08月08日 12時57分

  • 2020年08月08日
    12時36分

  • 芸術・文化

    2020年08月08日 12時36分

  • 2020年08月08日
    12時29分

  • 芸術・文化

    2020年08月08日 12時29分

  • 2020年08月07日
    12時57分

  • 芸術・文化

    2020年08月07日 12時57分