イベント
2020年06月01日 14時04分  8面

干潟で生き物捕まえた!きらら浜自然観察公園で親子連れが観察会楽しむ【山口】

 泥んこになりながら干潟の生き物を探す子どもたち(きらら浜自然観察公園で)
野鳥の姿を撮影した写真展(きらら浜自然観察公園で)

 山口市阿知須のきらら浜自然観察公園で31日、「干潟の生きもの観察会」が開かれた。親子連れら約40人が参加し、園内の干潟に入ってカニやトビハゼ、貝などの生き物を捕まえた。

 参加者は、ぬかるむ干潟に足を取られないよう気を付けながら、泥をスコップで掘って生き物を探した。ヤマトオサガニやイソテッポウエビ、オキシジミなど約10種類の生物が見つかり、子どもたちは大喜びだった。

 家族で参加した周南市の髙松颯馬君(9)は「干潟に開いた穴をスコップで掘ると、いろいろな生き物が出てきた。楽しかった」と笑顔だった。観察会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため参加人数を制限し、2組に分かれて実施した。

 同園のビジターセンターでは「野鳥写真展」が開かれている。野鳥愛好家23人が全国各地で撮影した103点が展示されている。絶滅危惧種のクロツラヘラサギから身近に生息するスズメなど被写体はさまざま。レンジャーの渡辺徹さん(45)は「自然の中でたくましく生きる野鳥の姿を知ってもらえたら」と話している。7月5日まで。

 時間は午前9時~午後5時。月曜休館。入館料200円(18歳以下無料)。

 

 

 

 

 

関連記事

  • 2020年07月15日
    13時28分

  • イベント

    2020年07月15日 13時28分

  • 2020年07月15日
    12時52分

  • イベント

    2020年07月15日 12時52分

  • 2020年07月10日
    14時07分

  • イベント

    2020年07月10日 14時07分

  • 2020年07月09日
    12時28分

  • イベント

    2020年07月09日 12時28分

  • 2020年07月07日
    12時48分

  • イベント

    2020年07月07日 12時48分

  • 2020年07月06日
    14時09分

  • イベント

    2020年07月06日 14時09分