教育
2020年02月22日 12時28分  15面

厚狭寝太郎の里おひなさまめぐりの準備、児童がお手伝い【山陽小野田】

ひな人形を飾り付ける児童たち(厚狭商店街の本部案内所で)

 第22回厚狭寝太郎の里おひなさまめぐりに向けて厚狭小の5年生99人が21日、会場となる厚狭商店街やJR厚狭駅周辺の施設でひな人形の飾り付けを手伝った。児童の手で箱から1年ぶりに取り出されたひな人形は笑顔でいっぱいだった。


 総合的な学習の授業で毎年、5年生が取り組んでいる。これまで厚狭の地域おこしグループから厚狭の魅力について教えてもらったり、街並みでウオークラリーを実施したりして古里について勉強してきた。


 ひな人形の飾り付けもその一環で、地域行事への理解と活性化に貢献しようと4年前から手伝っている。児童は16カ所に分かれ、地域の人と一緒になって完成した飾りの写真と照らし合わせながら、それぞれの場所に置いていった。


 沓野蒼介君は「扇や弓矢など小さい道具を正しく持たせるのが難しかった」、中西萌々子さんは「上手に飾ることができた。おひなさまめぐりが始まったら見に行きたい」と話した。


 宮下靖子先生は「1年間の学習活動を通じて地域の人たちと交流し改めて自分たちの住む古里について考える機会になったと思う。大人になっても、いろんな形で生まれ育ったまちを支えてくれるはず」と手応えを感じていた。


 厚狭駅前商店会(伊藤實会長)主催のおひなさまめぐりは29日から3月7日まで厚狭商店街を中心に開かれる。


 オープニングセレモニーは29日午前10時から商店街本部(旧笹木自転車店)前であり、寝太郎太鼓保存会による太鼓演奏が開幕を盛り上げる。山口銀行前ではガールスカウト県第7団が焼きマシュマロなどの販売を行う。


 多くのイベントは最終日の7日に実施。メイン会場の伊藤商会駐車場では青空レストランやフリーマーケット、永山酒造では蔵開き(8日も)、スタジオきもの館では親子着付け体験、旧中田邸では茶会、厚狭天満宮前の厚狭川では流しびな(午後3時半)が実施される。


 厚狭地区複合施設内の厚狭図書館では9日まで、ひな人形やさげもん、ちりめん細工などを展示する。

 

 

 

 

 

 

この記事の画像一覧

関連記事

  • 2020年04月01日
    14時14分

  • 教育

    2020年04月01日 14時14分

  • 2020年03月31日
    13時45分

  • 教育

    2020年03月31日 13時45分

  • 2020年03月30日
    14時08分

  • 教育

    2020年03月30日 14時08分

  • 2020年03月30日
    13時57分

  • 教育

    2020年03月30日 13時57分

  • 2020年03月30日
    13時52分

  • 教育

    2020年03月30日 13時52分

  • 2020年03月28日
    13時20分

  • 教育

    2020年03月28日 13時20分