芸術・文化
2019年09月24日 14時05分  1面

お出迎え準備万端 ビエンナーレ前にファン倶楽部が彫刻清掃【宇部】

彫刻をきれいにするボランティア(常盤公園で)

 宇部市内の野外彫刻の保全に携わる「うべ彫刻ファン倶楽部」(作村良一会長)の会員を中心としたボランティアが23日、常盤公園にある彫刻の清掃活動に励んだ。前日の台風に伴う雨風でくすみが目立ったが、ブラシや雑巾で磨くとピカピカに。第28回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の29日開幕を前に、県内外から観光客を出迎える準備を整えた。


 同倶楽部は毎年春と秋の年2回、市内事業所や団体、個人を募り、清掃活動を行っている。今回は2017年以前の過去作品46点を205人がグループごとに分担した。彫刻の周りに生えていた草を取り、水たまりを吸い上げた。表面に付いていた水あかや土を拭い、元の色合いと質感を取り戻した。


 黄色いダイヤモンドの形をした01年の「光影体」(作・鎌塚昌代司)を担当した松尾泰樹さん(43)=中央町1丁目=。4月に東京から移り住んだばかりで、「必死に作業したので汗だくになったが気分がいい。彫刻文化にも親しめた」と喜んでいた。


 ビエンナーレの会期は11月24日まで。彫刻の丘には実物大制作指定された15点が並ぶ。会場や周辺をきれいにした作村会長は「訪れた方に宇部市民のおもてなしの心が伝われば」と話していた。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 2019年11月16日
    13時03分

  • 芸術・文化

    2019年11月16日 13時03分

  • 2019年11月16日
    12時54分

  • 芸術・文化

    2019年11月16日 12時54分

  • 2019年11月16日
    12時53分

  • 芸術・文化

    2019年11月16日 12時53分

  • 2019年11月16日
    12時50分

  • 芸術・文化

    2019年11月16日 12時50分

  • 2019年11月16日
    12時42分

  • 教育

    2019年11月16日 12時42分

  • 2019年11月16日
    12時28分

  • 芸術・文化

    2019年11月16日 12時28分