行政
2019年08月28日 13時58分  1面

宇部市が「シェアサイクル」の実証実験を開始、4カ所にポート【宇部】

スマホで操作をして利用できる自転車(トキスマで)

 宇部市は27日から、市民や観光客がまちなかを貸自転車で移動できる「シェアサイクル」の実証実験を開始した。4カ所にポートと呼ぶ駐輪場を置き、どこからでも借りられて、どこにでも返却できる。期間は11月24日までで、利用者数や立ち寄り場所などのデータを集め、事業化に向けて検証する。
 
 シェアサイクルは、自転車の共用という意味。都市内の各拠点に配置された自転車を、好きな時に利用できる新しい都市交通手段で、手軽に利用できるだけでなく、公共交通の補完、地域活性化、健康増進、環境負荷軽減など幅広い分野での効果も期待できる。
 
 ポートの設置場所は、常盤公園正面入り口、山口宇部空港駐輪場横、旧宇部井筒屋跡地の常盤町1丁目スマイルマーケット(通称トキスマ)、中央町3丁目の若者クリエイティブコンテナ。計15台のスマートロック付き電動アシスト自転車を置く。ポートは無人で、24時間対応。利用料は1時間につき100円。スマートフォンで専用アプリをダウンロードして個人情報とクレジットカード情報を登録すると、開錠できる。
 
 多様な主体が連携して交通に関する地域課題解決を図るため、市が2018年1月に立ち上げた市交通創造コンソーシアムのプロジェクトテーマの一つ「まちなかモビリティマネジメント」の取り組みの一環。予算は100万円で、コギコギ(東京都渋谷区)に業務委託した。事業化の可能性を探るため、実験期間中、利用頻度や利用者の移動場所などのデータを収集、検証。ポートの場所を増やすことも検討している。
 
 問い合わせは、共生社会ホストタウン推進グループ(電話34-8484)へ。  

 

 

 

関連記事

  • 2019年09月21日
    14時15分

  • 行政

    2019年09月21日 14時15分

  • 2019年09月21日
    14時13分

  • 行政

    2019年09月21日 14時13分

  • 2019年09月20日
    14時17分

  • 行政

    2019年09月20日 14時17分

  • 2019年09月20日
    14時11分

  • 行政

    2019年09月20日 14時11分

  • 2019年09月20日
    14時08分

  • 行政

    2019年09月20日 14時08分

  • 2019年09月19日
    14時41分

  • 行政

    2019年09月19日 14時41分