行政
2019年06月01日 13時13分  13面

梅雨を前に防災パトロール【山陽小野田】

河川改修工事を視察する参加者(前場川の船出橋付近で)

 梅雨時期に合わせて山陽小野田市は31日、防災パトロールを行った。市職員と関係機関の計51人が、埴生地区にある前場川など市内2カ所を視察。危険箇所の有無、対策工事が十分に行われているかどうかなどを点検した。

 

 危険箇所をチェックするとともに、関係機関が連携して災害時の適切な対応を図ろうと毎年、市地域防災計画に基づいて実施している。市、市議会、山陽小野田警察署、宇部・山陽小野田消防局、市消防団などが参加した。


 前場川周辺は県が周防高潮対策事業として堤防を築いている。ここは2009年9月の台風18号通過と大潮の満潮、強風による吹き寄せが重なり国道190号から下流一体が浸水。床上浸水210棟、床下浸水110棟の甚大な被害が出た。このため、翌10年度から前場川橋-河原橋間の570㍍区間の堤防のかさ上げ、流下断面の確保のための工事をしている。


 現地では宇部土木建築事務所の職員が「堤防のかさ上げは場所にもよるが1㍍から2・5㍍」「工事の進行状況は7割ぐらい。予算確保の関係もあり完成年度は明言できない」とした。


 参加者は川の中をのぞき込んだり、防波堤の高さを確認しながら「早期完成を目指してほしい」と住民の声を代弁していた。 引き続き小野田地区の目出では山の斜面に施工されたコンクリート土留工のクラックの有無などをチェックした。


 藤田剛二市長は「災害に備えて現地の状況を見ておくことは重要。パトロールを防災行政の進化につなげたい」と話した。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 2019年08月17日
    14時19分

  • 行政

    2019年08月17日 14時19分

  • 2019年08月16日
    14時05分

  • 行政

    2019年08月16日 14時05分

  • 2019年08月15日
    09時45分

  • 行政

    2019年08月15日 09時45分

  • 2019年08月15日
    09時30分

  • 行政

    2019年08月15日 09時30分

  • 2019年08月14日
    14時08分

  • 行政

    2019年08月14日 14時08分

  • 2019年08月13日
    12時42分

  • 行政

    2019年08月13日 12時42分