イベント
2019年05月18日 14時50分  1面

山口宇部空港の魅力再発見、管制塔など見学会楽しむ【宇部】

熱心に室内を見学する参加者(18日午前9時35分ごろ、山口宇部空港管制塔で)

 山口宇部空港に親しみ、魅力を再発見してもらうイベントとして、施設見学会が18日、開かれた。家族連れや航空ファンが、普段は入ることができない管制塔から施設全体を見渡したり、飛行機が発着する様子に熱い視線を送ったりして、貴重な時間を過ごした。


 昨年まで開かれていた「にぎわいフェスタ」の代替イベントとして、山口宇部空港ビル(児玉啓一社長)が初開催した。


 管制塔は、飛行機が安全に発着、航行できるように指示を出す空の司令塔。日本では、航空保安大学校で専門の研修を受けた国土交通省の職員が、航空管制運航情報官としてその任を担う。セキュリティーの観点から一般の立ち入りは禁止されている。


 見学会には事前に申し込んだ8人が参加し、同空港の管制塔を管轄する国交省大阪航空局同空港出張所の寺田安浩さんの案内で、管制室に入った。地上約29㍍、7、8階建てのビルに相当する高さから見る滑走路に感激。航空管制運航情報官がパイロットと無線で交信する姿や、東京羽田行きの定期便が離陸するまでの流れに見入った。


 山陽小野田市から父親と参加した松本凌悟君(埴生小5年)は「機械がいっぱいあって、まるで秘密基地みたい。管制塔で働けるよう、英語の勉強を頑張りたい」と話していた。

 

 

 

 

関連記事

  • 2019年09月20日
    14時18分

  • 経済

    2019年09月20日 14時18分

  • 2019年09月20日
    14時05分

  • イベント

    2019年09月20日 14時05分

  • 2019年09月20日
    14時04分

  • 地域

    2019年09月20日 14時04分

  • 2019年09月20日
    14時03分

  • 地域

    2019年09月20日 14時03分

  • 2019年09月19日
    14時46分

  • イベント

    2019年09月19日 14時46分

  • 2019年09月19日
    14時33分

  • イベント

    2019年09月19日 14時33分