行政
2019年05月16日 14時02分  7面

山口市地域おこし協力隊に岸本さん委嘱【山口】

地域おこし協力隊に着任した岸本さん(左、市役所で)

 山口市地域おこし協力隊として、大阪府枚方市の元神職、岸本和寿さん(33)が阿東地域に着任した。15日に市役所で委嘱状交付式が開かれ、「田舎の価値や可能性に魅力を感じていた。ゲストハウスなどスローツーリズムに取り組みたい」と意気込みを述べた。


 交付式では村田尚士地域生活部長が委嘱状を手渡し、「移住者としての客観的な視点を大切に、自身の可能性を信じて取り組んで」と激励した。


 岸本さんは大阪芸術大出身で、卒業後は大阪市にある実家の神社や枚方市で神職を務めた。妻が大内出身だったことから山口を訪れ、いつか住んでみたいと思い始めた。昨年からは月に1回来県し、9月に阿東を訪れた際には豊かな自然に「ここだ」と直感。翌日には地元のNPO法人に連絡を取り、牧場などを案内してもらったり、協力隊について教えてもらったりしたという。


 今後は、阿東地域の観光協会や商工会などでつくる「あとうスロー・ツーリズム推進協議会」が進めるプロジェクトで、ゲストハウスの設立・運営などを目指して活動する。     

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 2020年07月15日
    13時31分

  • 行政

    2020年07月15日 13時31分

  • 2020年07月15日
    13時23分

  • 行政

    2020年07月15日 13時23分

  • 2020年07月15日
    13時03分

  • 行政

    2020年07月15日 13時03分

  • 2020年07月15日
    12時42分

  • 行政

    2020年07月15日 12時42分

  • 2020年07月14日
    13時59分

  • 行政

    2020年07月14日 13時59分

  • 2020年07月14日
    13時58分

  • 行政

    2020年07月14日 13時58分