スポーツ
2019年04月18日 14時10分  3面

山口水球クラブが市長に全国Vを報告【宇部】

久保田市長に優勝を報告する若月選手(中央)と村岡選手(市役所で)

※会員限定の写真もしくは動画あり

 全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水球競技A区分(12歳以下男女)で初優勝した山口水球クラブ(山口市)に所属する宇部市内の中学生2人と指導者が17日、久保田后子市長を表敬訪問した。


 大会は3月に千葉県で開かれ、24チームが4ブロックに分かれて予選と決勝トーナメントで頂点を目指した。同クラブは決勝で群馬を破り、県勢初の王者に輝いた。


 市役所を訪れたのは、優秀選手に選ばれた若月星輝(常盤中1年)、村岡侑弥(同)両選手と鈴木邦幸監督。久保田市長と野口政吾教育長に、スマートフォンで撮影した試合の写真を見せながら戦いぶりを報告した。


 若月選手は「緊迫した試合展開でも、集中力を切らさず最後までプレーできたことが勝因」と振り返り、村岡選手は「全員で懸命に取り組んできた成果が試合で出せてうれしい。将来は日本代表を目指す」と決意を述べた。


 久保田市長は「勉強とスポーツの両立で多忙な中、相当な練習を重ねられた結果だと思う。それぞれの目標に向かい、挑戦を続けてほしい」とさらなる飛躍を期待した。


 同クラブには、宇部市などの小・中学生約50人が在籍。2選手は現在、B区分(15歳以下男子)のカテゴリーで、2度目の全国制覇を目指し練習に励んでいる。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 2019年05月18日
    14時48分

  • スポーツ

    2019年05月18日 14時48分

  • 2019年05月18日
    14時41分

  • スポーツ

    2019年05月18日 14時41分

  • 2019年05月18日
    14時39分

  • 教育

    2019年05月18日 14時39分

  • 2019年05月18日
    14時23分

  • スポーツ

    2019年05月18日 14時23分

  • 2019年05月18日
    14時22分

  • スポーツ

    2019年05月18日 14時22分

  • 2019年05月18日
    14時21分

  • スポーツ

    2019年05月18日 14時21分