教育
2019年03月26日 14時01分  3面

クールチョイス、香川高生が環境大臣賞【宇部】

受賞を喜ぶ河村さん、佐竹君、指導した重村直子先生(右から、市役所で)

 環境省の「クールチョイス リーダーズ アワード2018」アイデアリーダー(一般)部門で環境大臣賞を受賞した、宇部フロンティア大付属香川高生活デザイン科2年の佐竹倖太君、河村百音さんが25日、久保田后子市長を表敬訪問し、喜びと研究内容を報告した。

 

 同アワードは、温室効果ガス排出量削減を推進する国民運動「クールチョイス」に率先して取り組む人やグループ、アイデアを表彰し、活動を発信、広く普及させることを目的に開催。今年度は5部門に710の応募があり、各部門で環境大臣賞1作品、優秀賞2作品が選定された。


 受賞した2人の「ごみ減量(廃棄物ゼロ)実施大作戦」は、一般家庭で生ごみの廃棄量を減らすためのアイデア作品。無駄な買い物を無くすための「イラストを使った在庫管理表」と、表と連動した「在庫管理アプリ」、家庭で使える「生ごみを乾燥させる装置」の開発を提案した。


 2人は「フードデザイン」の授業で学んだ日本のフードロス問題に衝撃を受け、自分たちにできることはないかとアイデアづくりを開始。宇部市のごみ問題を研究、地元企業と協力して装置の開発などに取り組み、その成果を同アワードに応募した。河村さんは「環境意識を身に付ける大切さを実感。楽しく取り組めるよう工夫をしたので、多くの人にアイデアを知ってもらいたい」、佐竹君は「アプリは今後も改良を重ねて、実用できるように研究を続けていきたい」と語った。


 久保田市長は「若い世代がごみ問題に関心を持ち、素晴らしい提案をしてくれたことに感謝。ぜひ市の仕組みにも取り入れていきたい」と話した。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 2019年06月24日
    14時03分

  • 教育

    2019年06月24日 14時03分

  • 2019年06月24日
    13時56分

  • 教育

    2019年06月24日 13時56分

  • 2019年06月24日
    13時49分

  • 教育

    2019年06月24日 13時49分

  • 2019年06月22日
    13時47分

  • 教育

    2019年06月22日 13時47分

  • 2019年06月22日
    13時42分

  • 教育

    2019年06月22日 13時42分

  • 2019年06月22日
    13時38分

  • 教育

    2019年06月22日 13時38分