4月17日、宇部西RC創立50周年記念事業にトップアスリート3人を招待

宇部西ロータリークラブ(兼広三朗会長、52人)は、6月に創立50周年を迎える。記念事業として「おいでませ!山口国体・山口大会」シンポジウムを4月17日午後1時40分から記念会館で開く。スポーツ用品大手・ミズノ会長の水野正人さんの講演や、北京五輪・陸上400mリレー銅メダリストの末続慎吾さんらトップアスリート3人を交えてのパネルディスカッションがある。市、山口国体市実行委員会、市体育協会共催。

基調講演は、二井関成知事が「おいでませ!山口国体・山口大会の成功に向けて」、日本オリンピック委員会(JOC)副会長で東京ロータリークラブ所属の水野さんが「スポーツは世界を救う」と題して話す。
「総合スポーツ大会の夢と感動」をテーマにしたパネルディスカッションでは、末続さんのほか、山口国体のソフトボールとバレーボールが宇部で開催されるのに合わせ、シドニー(銀メダル)・アテネ(銅メダル)の両五輪ソフトボール日本代表監督を務めた宇津木妙子さん、バルセロナ五輪バレーボールで米国選手として銅メダルを獲得したヨーコ・ゼッターランドさんが登壇。水野さんをコーディネーター役に、西村亘副知事、久保田后子市長とともにスポーツの素晴らしさを熱く語る。
大塚守義・実行委員長は「豪華な方々をお迎えし、山口国体の盛り上げの一助となれば。世代を超えて楽しんでいただける内容なので多くの市民に足を運んでもらいたい」と話した。
同クラブは1960年6月24日に発足。職業奉仕や社会奉仕、国際交流、次世代の育成を柱に多彩な活動を展開している。6月20日に記念式典を開く。
入場無料。ただし整理券が必要。申し込みは往復はがきに、住所と氏名を記入し〒755─0045宇部市中央町1─6─10、ホテル河長内宇部西ロータリークラブシンポジウム係。締め切りは23日(消印有効)。はがき1枚につき1人。申し込み多数の場合は抽選する。
問い合わせは同クラブ(電話31─3526)へ。

カテゴリー:スポーツ,その他の話題2010年3月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single