宇部フ大付属香川高野球部が、4月から硬式に移行

kagawa.jpg 宇部フロンティア大付属香川高の野球部が、4月に軟式から硬式に移行する。県高校野球連盟の理事会で承認された。市内で8校目の硬式野球部の誕生となる。

同校野球部は、同好会を経て2008年に軟式野球部として県高野連に加盟した。昨年4月、中高一貫の同付属中に軟式野球部が発足したことなどがきっかけとなり、学内で硬式への移行が検討され、10月に決定。11月に県高野連に手続きを済ませていた。
硬式への移行に伴い、宇部フロンティア大の敷地に練習場を新設。同練習場にはピッチング練習用のマウンドが三つあり、バッティングマシンも設置。内野シートノックなどは同大のグラウンドを使用するが、外野練習はできないため、校外のグラウンドを借り、練習することにしている。
部員は硬式球に慣れるために、新設した練習場でトスバッティングやキャッチボールを始めている。監督は外部から招聘(しょうへい)することが決まっている。
浜村校長は「最初から結果を出すのは大変だが、生徒や教職員、OBが一緒になって応援できる部にしたい。甲子園出場が最終目標だが、部員には野球を通じて人間性を高め、学校の中核を担う生徒になってくれることを期待している」と話した。

カテゴリー:教育・文化,スポーツ2010年2月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single