俵田体育館、来年まで1年3カ月休館

20100109a.jpg 宇部市の俵田体育館が、1月から休館となっている。中旬から2011年の山口国体に向けた大規模な改修工事が始まるためで、期間は11年3月までの15か月間に及ぶ。

1959年の完成以来、初となる大改修。山口国体でバレーボール少年男子の会場となるためで、過去に数回の張り替えを行ってきた床と照明設備、屋根のほか、本部席や控え室、更衣室、トイレなども新しくなる。
卓球に関しては、既に卓球台21台を西部体育館に移動したほか、今年から市野球場1階にある卓球練習場(第2トレーニングルーム)の利用時間を大幅に拡大した。
そのほかは西部体育館、パルセンター宇部、楠若者センターの利用を進めているが、いずれも以前からの利用もあるため、市街地から遠い楠若者センター以外では激しい“場所取り合戦”が繰り広げられているという。
本格的なスポーツシーズンが始まる4月まで様子を見ながら、楠若者センターなどの利用時間の延長、学校体育館の利用も視野に入れている。
管理する宇部市体育協会では「長期にわたるので、譲り合って利用してほしい。影響を最小限に抑えられるよう検討したい」と話している。

カテゴリー:行政,スポーツ2010年1月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single