宇部日報中学駅伝、女子は高千帆Aが3連覇

20091102d.jpg 宇部市近郷中学校駅伝競走大会(日報中学駅伝)は1日、常盤公園管理事務所前をスタート・ゴールとする同公園周遊園路コースで開かれた。6区間18.6kmで争った男子は厚狭が初優勝。6区間12.4kmで競った女子は高千帆が2位に2分の大差をつけて3連覇を果たした。

64回目の開催となった男子は、インフルエンザの影響で1チーム棄権となったが、宇部、山陽小野田、美祢の3市から19チームが参加。20回記念大会の女子は、同じく3市から16チームが出場し、時折強い雨が降るあいにくのコンディションの中、母校の誇りをたすきに込めてつないだ。
大会は男女同時にスタート。男子は序盤は黒石がレースをリードし、厚狭と桃山Aが追いかける展開。最終6区で厚狭と桃山Aの一騎打ちとなり、厚狭が桃山Aを振り切って優勝。8秒差の2位に桃山A。3位に黒石が入った。
女子は1区から首位に立った高千帆Aが独走し優勝。2位は常盤、3位は藤山だった。

カテゴリー:スポーツ2009年11月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single