泉さんらに県メダル栄光授与

20091020d.jpg 第9回全国障害者スポーツ大会「トキめき新潟大会」に出場した選手と役員五十人が19日、県庁を訪れ、二井関成知事に成績を報告した。金メダルを獲得した選手には、メダル栄光(体育賞)が授与された。

大会は10日から12日まで新潟県であり、県からは選手53人と役員46人が参加。個人競技で金メダル15個、銀メダル11個、銅メダル7個の計33個を獲得した。
選手団を代表して藤田英二団長が「自ら成長を実感し、いろんな成果を得ることができた」と成績を報告。
二井知事は「台風の影響で移動も大変だったと思う」と参加者の労をねぎらい、「いよいよ『おいでませ!山口大会』の開催まで2年となった。力と技を磨いて、一緒に頑張ろう」と激励した。
山陽小野田市の泉清美さんは2年ぶり4回目の出場。投てき種目のビーンバック投げで7m95cm、コース走行のタイムを競うスラロームで大会新記録の42秒70を出し、2つの金メダルを獲得した。

カテゴリー:スポーツ2009年10月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single