日報中学野球、あす準々決勝

桃山―楠の4回裏、桃山は捕手後逸の間に4点目(16日午前10時ごろ、市野球場で)

第10回宇部日報中学校軟式野球大会は16日、宇部、山陽小野田、美祢の3市から21校が参加して、市野球場ユーピーアールスタジアム、常盤公園スポーツ広場、神原中、川上中の4会場で開幕し、古里の中学生球児が今シーズン初のゲームに臨んだ。市野球場の第1試合では、桃山が7─0(6回コールド)で楠を下して初戦を突破。そのほかの会場でも、熱戦、好プレーが展開された。初日は2回戦までの全試合があり、ベスト8が出そろう。宇部日報社主催、市教育委員会、市体育協会、市中学校体育連盟共催、宇部野球連盟後援。

開会式は午前8時から市野球場で行われ、宇部日報社の村田武彦常務が「待ちに待った球春到来。試合で波に乗り、大会で勢いを付け、素晴らしいシーズンに」、市教委の白石千代教育長が「プレーできる幸せを感じながら、感謝の気持ちを忘れず、自分の力を信じて全力で」、市中体連の上田繁幸会長が「最後の一球、一投まで頑張って」とあいさつ。選手宣誓では、東岐波の河村健太郎主将が力強く、正々堂々のプレーを誓った。
続く第1試合では、上田会長の始球式でゲーム開始。桃山は先発の中谷が要所を締める投球で楠を零封し、相手守備の乱れで得た好機を確実に得点につなげて白星スタートを切った。
2日目の17日は準々決勝4試合、最終日の23日は準決勝、決勝が、いずれも午前9時から市野球場で行われる。荒天時は順延。
1回戦第1試合の結果は次の通り。
▽市野球場=桃山7─0楠▽常盤公園スポーツ広場=常盤3─0伊佐▽神原中=高千帆10─4宇部フロンティア大付属▽川上中=上宇部4─1埴生

カテゴリー:スポーツ2013年3月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single