日報少年野球、川上がA、C級2部門V

優勝したA級の川上、B級の常盤、C級の川上A(上から、いずれも東部体育広場で) 宇部日報創刊100周年記念の第37回宇部日報旗少年野球大会の最終日は7日、東部体育広場でA―C級の準決勝と決勝を行い、A級とC級は川上、B級は常盤が制した。宇部日報社主催、市少年野球協議会主管。

大会はA級に20チーム、B、C級に各10チームが出場して9月22日に開幕し、初日にA級の8強とB、C級の4強が決定。6日にA級の準々決勝があり、最終日は各級の4強が宇部一の栄冠を目指して激突した。
閉会式では、宇部日報社の神谷義人取締役編集局長が各級の優勝、準優勝チームに賞状やメダルを手渡し「最終日はどの試合も引き締まった好ゲームだった。この大会で培ったチームプレーを糧とし、今後の活躍を期待している」と選手たちをねぎらった。

カテゴリー:スポーツ2012年10月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single