甲子園で旋風宇部鴻城ナイン帰郷

保護者らにあいさつする西野主将(宇部鴻城高で) 第94回全国高校野球選手権大会での熱戦を終えた宇部鴻城ナインが20日、帰郷した。学校では居残りの部員や選手の保護者らが出迎え、大きな拍手で3回戦まで勝ち進んだ選手たちの健闘をたたえた。

鴻城ナインは新幹線でJR新山口駅に帰り、バスで学校に移動。出迎えた戸倉昇校長は「本当によく頑張った。宇部鴻城の新しい一ページをつくった。今までの練習の成果を十二分に発揮できたと思う」と労をねぎらった。
部員らは保護者らの前に整列し、西野孝太郎主将が「3年生も悔いなく戦えた。甲子園で2回も勝てたうれしい気持ちと、悔しい気持ちがある。今まで応援をありがとうございました」と大声援への感謝を述べた。
1、2年生は21日午前中には練習を再開。甲子園で16強に勝ち上がった先輩たちの成績を追い越そうと、新チームでのスタートを切った。

カテゴリー:スポーツ2012年8月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single