宇部一へ全力、子ども会球技大会開幕

ドッジボールの熱戦(4日午前10時半、東部体育広場で) 第48回宇部市子ども会球技大会が4日、東部体育広場で始まった。ソフトボール、フットベースボール、ドッジボールの3部門に各校区の予選を勝ち抜いた56チーム約800人の選手が出場し、5日まで栄冠を目指して熱戦を繰り広げる。

午前8時50分から開会式があり、子供たちが元気よく入場。ソフトボールは久保田后子市長、ドッジボールは白石千代教育長が始球式を行い、選手たちにエールを送った。市子ども会育成連絡協議会の松橋美恵子会長は「けがのない、心に残る大会にしましょう」と呼び掛けた。
各会場の試合は熱戦が相次いだ。伸び伸びとプレーする子供たちに保護者も熱い声援を送った。熱中症予防として、市ガス水道局が飲料水、子連もかき氷を振る舞った。各競技とも5日に優勝チームが決まる。

カテゴリー:スポーツ2012年8月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single