宇部鴻城野球部の校内壮行式、全校生徒がパワー送る

応援団のエールを受けるナイン(2日午前9時43分、宇部鴻城高で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟など主催)に出場する宇部鴻城野球部の壮行式が、2日午前9時半から同校(戸倉昇校長、519人)で行われた。全校生徒からエールを送られたナインは、気持ちを新たに甲子園での必勝を誓った。

夏休み中の登校日に合わせて実施。ベンチ入りする18人は、優勝旗を持った西野孝太郎主将を先頭に制服姿で体育館に入場した。
生徒会長の松本侑大君(3年)は「優勝おめでとう。次は甲子園での勝利を目指して。全生徒が応援している」、戸倉校長は「全国大会といえども臆することなく、日ごろの練習の成果を発揮して」と激励。これに応えて西野主将は「周りへの感謝を忘れず、県代表を誇りに正々堂々と戦う。応援よろしくお願いします」と健闘を約束した。
自身のインターハイ出場のため、県決勝は球場に足を運べなかった応援団長の岡﨑峰幸君(3年)がこの日から復帰。力強い掛け声で、選手たちにパワーを送った。
ナインはあす午後0時半から中津瀬神社そばのハミングロード新天町である宇部市主催の壮行式終了後、JR宇部駅から決戦の地へ乗り込む。

カテゴリー:スポーツ2012年8月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single