宇部鴻城、兄弟校決戦制し夏の甲子園初出場

第94回全国高校野球選手権山口大会(県高野連など主催)の決勝は、28日午後1時から西京スタジアムであり、宇部鴻城が6-4で山口鴻城を下し、8月8日に開幕する夏の甲子園初出場を決めた。春夏通算では2003年の春の選抜大会以来2度目。

2回に2点を先制された宇部鴻城は、その裏と3回に1点ずつ返して追い付いたが、6回に再び2点のリードを許した。その裏、打者9人を送る猛攻で4点を奪い逆転。9回2死満塁のピンチを主戦・笹永がしのぎ、山口大会史上初の兄弟校決戦を制した。
宇部勢の夏の甲子園出場は2005年に準決勝に進出した宇部商以来7年ぶり。
山口鴻城 020002000│4
宇部鴻城 01100400×│6

カテゴリー:スポーツ2012年7月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ