100周年記念日報杯Gゴルフ、295人はつらつプレー

ティーショットを放つ参加者(14日午前9時15分ごろ、常盤公園スポーツ広場で) 創刊100周年記念第15回宇部日報杯グラウンドゴルフ大会は14日、常盤公園スポーツ広場で開かれた。宇部市を中心に県内から295人が出場し、2ブロックに分かれて、はつらつとプレーを楽しんだ。宇部日報社主催、宇部グラウンドゴルフ協会(山下憲章会長)主管。

開会式では宇部日報社の脇和也社長が「地域に支えられ、愛されて100周年を迎えられた。きょうは恩返しの大会。暑さ対策に気を配り、無理のないよう、最後まで頑張ってほしい」と選手たちを激励した。
競技は5、6人のグループに分かれ、4コース32ホールの合計打数を競う個人戦。山田信義理事長の笛の合図で始まり、出場者はプレーを楽しみながら好成績を目指し、ナイスショットには歓声を上げていた。

カテゴリー:スポーツ2012年6月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ