5月3日、宇部ラグビー・フェスタ トップリーグ2選手が指導

宇部ラグビー・フェスタは、5月3日午前9時から宇部高専グラウンドで開かれる。早稲田大OBによるラグビー・クリニックや高校の交流試合などがある。宇部高専、宇部高ラグビー部と両校のOB会主催。

宇部地区のラグビー人口拡大とレベルアップを図る。宇部高専、宇部高のほか県内の高校、地元ラグビースクールなどに呼び掛け、約150人の参加を予定している。一般の市民も自由に観戦や指導の見学ができる。
早稲田大OBからはトップリーグで活躍中の大田尾竜彦選手、三角公志選手(ともにヤマハ発動機ジュビロ所属)らが訪れる。プロの技術を直接指導し、練習終了後はサイン会もある。
当日は午前9時に集合、10時から高校の練習試合。午後は1時からで、大田尾、三角選手らが加わり、パスやタックル、さらにフォワード、バックスの実戦的な展開を教える。練習終了後、午後4時半ころからサイン会を予定している。
大田尾選手は、1982年生まれ。佐賀工高出身。三角選手は、83年生まれ。福岡の修猷館高出身。

カテゴリー:スポーツ2012年4月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ