宇部日報杯中学バスケ、近郷一目指し熱戦

リバウンドボールに飛びつく藤山と桃山の選手(28日午前9時半ごろ、俵田体育館で) 第13回宇部日報杯近郷中学校バスケットボール大会は28日、俵田体育館など市内4会場で開幕した。初日は男女とも予選を実施。29日に各予選の1、2位による順位別トーナメントがあり、優勝チームが決まる。宇部日報社、市バスケットボール協会主催、市中学校体育連盟共催。

宇部市と山陽小野田市、山口市から男子14チーム、女子13チームの計27チームが出場。予選は男女とも4ブロックに分かれ、リーグ戦もしくはトーナメント戦で競った。
初日の会場は、男子は同体育館とパルセンター宇部、女子は常盤中と黒石中の体育館。選手たちは決勝トーナメント進出を目指し、激しい攻防を繰り広げた。
2日目は女子の1、2位トーナメントと男子の1位トーナメントを俵田体育館、男子の2位トーナメントを川上中体育館で実施。決勝は女子が午後1時50分、男子が同3時10分からの予定。

カテゴリー:スポーツ2012年1月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ