山口大会サッカー競技「素晴らしい試合」

優勝した東京都のメンバーにメダルを掛ける白井市長 県立おのだサッカー交流公園を会場に実施されてきた山口大会のサッカー競技は24日、最終日を迎え、3位決定戦と決勝が行われた。

決勝は東京都が圧倒的な攻撃力を見せつけ、札幌市(北海道)を6─0で下して優勝。3位決定戦は沖縄が静岡に3─1で勝利した。
試合後に行われた閉会式では、優勝した東京に賞状と優勝杯が、2位の札幌市と3位の沖縄には賞状が授与され、東京都の選手には、白井博文市長がメダルを首に掛けた。
白井市長は歓送のあいさつで「3日間にわたり全9試合を観戦させてもらい、皆さんに心から声援を送った。素晴らしい試合が多かったと思う。再び皆さんがこの山陽小野田市に来てくれることを願っている」と選手に言葉を掛けた。
閉会式後、大会運営スタッフやボランティア、試合進行を手伝った高校生らが駐車場に集まり、バスで会場を後にする参加選手に、全員で手を振って見送った。
山陽小野田市内で実施される山口国体、山口大会の競技はこれで全日程が終了した。
市国体室の川上賢誠室長は「両大会とも悪天候で行われることは少なく、無事に大会を終えることができた。おもてなしのボランティアや応援に駆け付けたたくさんの方々、いろいろな形での市民の協力があり、大会は成功だったと思う」と話した。

カテゴリー:スポーツ2011年10月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single