相撲少年男子、海上選手(有帆小出身)が健闘

立ち合いで相手を組み止めにいく海上選手(夢が丘スポーツセンターで) 下関市の夢が丘スポーツセンターで8、9の両日に行われた山口国体相撲競技の少年男子の部に、有帆小出身の海上弘行選手(響高2年)が出場。チームは惜しくも予選で敗れたが、大声援を背に奮闘した。

団体戦は5人制で、海上選手は3番目の中堅として、予選3試合を戦った。初戦の長野戦では、緊張からかいつもの力が出せず、押し出しで敗れたが、チームは3─2で逆転勝ち。2戦目は秋田と対戦し、0─2で後のない状況で登場。がっぷり四つの長い相撲となったが、最後は体格で上回る相手に力で押され、寄り倒しで敗れた。最終戦の山形戦では、今夏のインターハイで対戦し勝利した五十嵐生真選手と再戦。上手投げで今大会初勝利を挙げ、チームの勝利に貢献し意地を見せた。
会場で戦いぶりを見つめた父・真洋さんは「地元開催ということで最初の2試合は硬さがあった。最後の試合はいい相撲だった」と息子の健闘をたたえた。海上選手は「1、2戦目は会場の雰囲気にのまれてしまったが、3戦目は自分の力が出せた。悔しい結果に終わったが、課題も見つかったので練習を積み、来年のインターハイに向けて頑張りたい」と、全国大会でのリベンジを誓った。

カテゴリー:スポーツ2011年10月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ