雪辱、遠的は決勝トーナメントへ

力強い構えで的を狙う渡壁選手(3日午前9時半、県弓道場で) 【弓道】山口市の県弓道場で3日午前、少年女子の遠的予選があり、宇部中央高の小西菜月、國重美紗乃、渡壁唯花の3選手が24射(各自4射2回)し、18本が的中。ポイントは112。7番目で通過し、午後の決勝トーナメントに臨んだ。6本を取りこぼしたものの、小差のポイントで広島、鹿児島をかわした。近的での予選敗退の雪辱を果たし、入賞が確定した。

少年男子は午前11時半から遠的予選、成年男女は近的の予選が終日行われた。
成年男女の遠的決勝トーナメントは4日に行われ、男子は1回戦で山梨、女子は福岡と当たり、それぞれ上位進出を狙う。

カテゴリー:スポーツ2011年10月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ