山陽小野田の高千帆バレー 30、31日の中国大会へ

高千帆バレーボール教室のメンバー 山陽小野田市で唯一の男子バレーボールスポーツ少年団「高千帆バレーボール教室」が、30、31日に周南市で開かれる第25回小学生バレーボール中国大会に出場する。

6月の25、26日に行われた県予選で3位に入り、出場権を得た。中国大会は3年連続の出場で、前回は準優勝している。
チームの平均身長が140㌢にも満たない小柄なチームだが、レシーブ力と得点力の高いサーブ、速攻が武器。県大会準決勝では、平均身長で15㌢も高い桜木(周南市)と対戦し、セットカウント1―2で敗れはしたが、マッチポイントを奪うなど大接戦を繰り広げた。
大会では、予選グループで浜村VBC(鳥取)、清泉スポーツ少年団(岡山)と対戦。グループ2位に入れば決勝トーナメントに進める。
若松宗徳監督は「来年に向けての試金石となる大会。優勝を目指して頑張りたい」と話した。
チームのメンバーは次の通り。(かっこ内は所属小と学年)
▽主将=西村哉紀(厚狭5)▽選手=三浦大和(本山5)日高健吾(高泊5)山本侑弥(津布田4)内奏太(有帆4)伊藤雅晃(本山5)西岡泰成(美祢城原6)西岡大河(美祢城原3)▽マネジャー=山本美咲(有帆5)▽監督=若松宗徳

カテゴリー:スポーツ2011年7月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single