厚陽保育園〝大相撲夏場所〟盛り上がる

激しい立ち合いを見せる豆力士(厚陽保育園で) 厚陽保育園(藤永美枝子園長、42人)で23日、〝大相撲夏場所〟が開かれ、園児たちは保護者や友達の声援を受けて熱戦を繰り広げた。

園の伝統行事として毎年、夏、秋、冬の3場所開催しているお楽しみイベント。マットを土俵に見立て、年齢ごとに対戦した。
最初に年長組が土俵入りを披露。「はっぱ山」「エルドラゴン」など思い思いのしこ名を描いた化粧まわしをした園児が力強く四股を踏むと、大きな声援が送られた。
この後、気迫のこもった取組を展開。じめじめとした梅雨を吹っ飛ばす名勝負に、園は歓声に包まれた。

カテゴリー:スポーツ2011年6月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ