ナイスショットに歓声、日報杯Gゴルフ342人プレー楽しむ

ティーショットを放つ出場者(9日午前9時15分ごろ、常盤公園スポーツ広場で) 第14回宇部日報杯グラウンドゴルフ大会は9日、常盤公園スポーツ広場で開かれた。宇部市を中心に県内から342人が出場し、A、Bの2組に分かれてはつらつとプレーを楽しんだ。宇部日報社主催、宇部グラウンドゴルフ協会主管。

開会式では、宇部日報社の脇和也社長が東日本大震災に触れ「開催できる喜びは例年に増して強い。梅雨の晴れ間の1日となったが、楽しみながら精いっぱい頑張ってほしい」とあいさつした。
競技は各6人のグループに分かれ、4コート32ホールの合計打数を競う個人戦。同協会の山田信義理事長の笛の合図で始まり、出場者らは好成績を目指して1打1打に集中。ナイスショットには大きな歓声が上がった。

カテゴリー:スポーツ2011年6月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ