清辻君(高千帆中2)ジュニアバスケ県選抜に

県選抜の一員として全国大会に挑む清辻選手(高千帆中で) 高千帆中バスケットボール部の清辻款矢(きよつじ・まさや)選手(2年)が、第24回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会に出場する県選抜チームに選出された。大会は3月28~30日に東京都など首都圏7会場で開催。清辻選手は「自分のできることをこなし、勝利に貢献したい」と意気込んでいる。

メンバーは、昨年秋から年末にかけて行われた選考会の内容で男女各12人が選ばれた。清辻選手のポジションはパワーフォワード。「自分に求められているのは点を取ることとリバウンド」と自身が語るように、180㌢の長身を生かしたジャンプシュート、リバウンドなどゴールに近いエリアでのプレーが持ち味。大会まで選抜チームの合同練習や遠征で、チームメートとのコンビネーションを高めていく。
小学2年生からバスケットを始めたが、全国大会出場は初めて。「緊張すると思うが、試合では自分に求められることをしっかりとこなしたい。地域の代表として自覚を持ってプレーし、まずはチームの予選突破が目標」と抱負を述べた。
同中男子バスケットボール部副顧問でもある守山敏晴教頭は「選出は本人はもちろん、チームの刺激にもなった。これから大会まで、課題をたくさん見つけるだろうが、頑張ってほしい」と話した。
大会は3チームで予選リーグを戦い、1位が決勝トーナメントに進む。県選抜男子は、28日に埼玉県上尾市民体育館で和歌山、長野と対戦する。

カテゴリー:スポーツ2011年2月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single