新潟国体へ向け、山口県選手団が結団

20090905a.jpg 第64回国民体育大会「トキめき新潟国体」に出場する県選手団の結団式が4日、山口市吉敷下東の県総合保健会館であり、代表選手ら約150人が「チームやまぐち」の活躍を誓った。

西村亘副知事が激励し、ソフトテニス成年女子に出場する白須藍選手(岩国市・美川中教諭)に団旗を授与。ウエイトリフティング少年男子に出場する中村祐輔選手(下関工高3年)に選手証を贈った。
中村選手は「高校3年間の集大成として、これまで支えてくれた人たちへの恩返しとして、最高のコンディションで最高の結果を残したい」と決意を表明した。
開会式は26日に新潟市の東北電力ビッグスワンスタジアム。県からは37競技に本部役員30人、選手・監督496人の計526人が参加する。

カテゴリー:スポーツ2009年9月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single