山口県大会連覇、中国大会でも優勝! 常盤中柔道部が全国大会へ

全国大会に挑む常盤中柔道部の選手たち 第43回山口県中学校柔道選手権大会の男子団体で優勝し、全国大会に出場する常盤中柔道部の部員ら10人が13日、宇部市役所を訪れ、久保田后子市長に出場を報告するとともに、全国大会での健闘を誓った。

同部は7月に萩市であった県大会で予選トーナメントを突破し、決勝リーグでは富田(周南)、岐陽(同)、高川学園(防府)を下して連覇。6、7日に島根県松江市であった中国大会では初優勝を果たし、全国大会への弾みを付けた。
市役所には顧問の末富久勝教頭、中谷弘コーチ、平山楓主将(3年)ら部員8人が訪れた。
平山主将は「昨年の先輩たちの記録を抜けるよう、予選リーグを突破して8強を目指したい」と抱負を語った。
久保田市長は「厳しい練習を積み重ねてきた成果を発揮し、一戦一戦を大事に、県代表として恥ずかしくない試合を」、白石千代教育長は「体調を壊さないよう、万全の態勢で臨んでほしい」と激励した。
全国大会は19-22日に松江市で開かれる。

カテゴリー:スポーツ2010年8月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single