26時間サッカーで国体盛り上げ

「本番に向けて市民一丸となって盛り上げよう」とあいさつする白井市長(市民館で) 来秋の「おいでませ!山口国体・山口大会」を盛り上げるため、一試合が二十六時間の「日本一チャレンジサッカー大会」が、八月二十七―二十八日に県立おのだサッカー交流公園で開かれる。延べ参加人数は千七百人以上を予定しており〝サッカーのまち山陽小野田市〟を全国にPRする。同実行委員会主催。

三日に市民館文化ホールで開かれた山口国体・山口大会山陽小野田市実行委員会で市国体室が明らかにした。日本一の記録にチャレンジすることで、山口国体の少年サッカーなどの会場になっている地元をPRし、市民の盛り上がり、交流を図る。さまざまな分野の日本一記録を認定・掲載するインターネットサイト「日本一ネット」にチャレンジ申請済みで、二十六時間は日本一長い試合時間に認定されるという。
会場はサッカー交流公園の人工芝コート(百五×六十八メートル)を使用。二チームによる対戦形式で、二十七日午後三時にキックオフし、二十八日午前四時までが前半戦。一時間のハーフタイムを取り、同五時から午後六時まで後半戦を行う。
市内に在住か通勤・通学している人が対象で年齢は問わない。一セット二十分単位で交代する。キックオフ後の三セットは中学生に限定するなど時間帯によって参加資格を設ける。個人、グループ単位のいずれで申し込んでもよい。参加無料。
募集期間は十五日から七月三十日までで、四日に開かれる実行委員会で最終的な大会要項を決める。隣接する人工芝コートを「ふれあいゾーン」に設定してグラウンドゴルフ、ジャズダンスなどのイベントを開催したり、交流公園空きスペースで飲食バザーを開いたりすることも検討している。
国体室では「原則として一チーム十一人、二十六時間で延べ千七百十六人になるが、その時間帯に出場希望が集中すれば出てもらうので、総人数はもっと多くなるかもしれない」と、盛り上がりに期待を寄せる。
山口国体・山口大会実行委では会長の白井博文市長が「既にボランティアが四百三十七人集まった。プレ大会の全国社会人サッカー選手権大会開会式が十月十五日、試合が十六日から十八日まで開かれるが、本番に向け盛り上げていこう」とあいさつ。今年度の事業計画案、予算案などを審議、決定した。

カテゴリー:スポーツ2010年6月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single