宇部興産グループの24人に国体強化選手指定証

二井知事(右)からから指定証を受け取る選手(宇部興産で) 2011年に行われる山口国体の強化選手に指定された宇部興産グループの選手たちへの指定証交付式は9日、同社であり、ソフトテニスなど4競技の24人に、県競技力向上対策本部長の二井関成知事から、証書が授与された。

同社グループの指定選手の内訳は、ソフトテニスが8人、バドミントン、ソフトボール各7人、ラグビー2人。県体育協会によると、県全体の強化指定選手は1167人。
式では二井知事が選手一人ひとりに指定証を手渡し「前回の山口国体では2位に終わっており、来年は何としても総合優勝を果たしたい。皆さんの力を貸してほしい」とあいさつ。同社の千葉泰久相談役は「一人ひとりが誇りを持って突き進み、今年の国体で、まずは手応えをつかんで飛躍につなげて」と激励した。
最後に選手を代表して、ソフトテニスの川村達郎選手が決意を表明。「指定を真摯(しんし)に受け止め、山口国体では総合優勝を成し遂げたい」と力強く述べた。

カテゴリー:スポーツ2010年8月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ