高千帆中の女子2選手、県選抜として全国大会へ

高千帆中女子バスケットボール部の藤井心愛選手(2年)と田邊凪沙選手(同)が、県選抜メンバーとして、28日から3日間、東京都、埼玉県など4都県で開催される第28回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会に出場する。2人は「自分の持ち味を出し、チームに貢献したい」と意気込んでいる。

選抜チームでのポジションは、ともにフォワード。藤井選手は鋭くゴール下に切り込んでのシュート、田邊選手は3ポイントを含めたミドルシュートが持ち味だ。

大会を前に、選抜チームは遠征をこなしながら連係を強めており、「他のチームメートとの呼吸も合ってきた」と手応えをつかんだ様子。また普段の練習では、チームの成長につなげようと、選抜チームで学んだことを仲間に伝えている。

2人とも全国大会の出場は初めて。「チームとしては、まず予選突破が目標。一生懸命プレーし、勝利に貢献したい」と口をそろえた。

大会は各3チームで予選リーグを戦い、1位だけが決勝トーナメントに進む。県選抜女子は28日、埼玉県の上尾運動公園体育館での予選で、北海道、滋賀の順に対戦する。

 

カテゴリー:スポーツ2015年3月4日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter