総合型地域スポーツクラブ「白鳥健康教室」が誕生

ココランドを拠点に活動する白鳥健康教室同好会(中川宏夫会長、228人)が、総合型地域スポーツクラブ「白鳥健康教室」に移行した。従来は65歳以上の熟年者が中心だったが、子どもから高齢者まで全世代に間口を広げる。今月は体験イベントを展開し、入会も常時受け付けている。総合型地域スポーツクラブは宇部市内で4番目。

健康教室同好会は、前身の山口高齢者健康指導教室同窓会の理念を受け継ぎ、36年前に発足。会員同士の触れ合いと健康増進を目的に、生涯スポーツや文化活動に取り組んできた。現在は毎週水曜日に計13種目(1種目当たり月1回)を展開。年会費5000円で、何種目参加してもよく、大半の人は掛け持ちで趣味を楽しんでいる。移行に際し、12月の臨時総会で規約を改定した。

14日の午前中は体育館でフォークダンスがあり、60人がリズミカルな曲に合わせて体を動かした。先生らが手本を示した後、すぐに実践。ステップや振りのミスはご愛嬌(あいきょう)で、和やかに進行した。体験参加した松田百合子さん(82)=上宇部山門=は、12年間続けた3B体操を昨年の暮れに引退したばかり。「体がなまらないよう、卓球か何か新しいことに挑戦したい」と抱負を語った。

総合型のスポーツクラブは〝多世代・多種目・多志向〟が特徴で、地域住民が自主運営する。同教室には素地があり、クラブへの転換で行政の支援や県規模の研修会参加、他クラブとの交流が期待できる。中川会長は「競技重視ではなく、いろいろな種目に取り組み、医者いらず・薬いらずの生活を。健康、体力、友達づくりに向けて、まずは体験参加してほしい」と呼び掛ける。

新年度の種目は、バレーボール、バドミントン、卓球、ウオーキング、民踊、フォークダンス、コーラス、カラオケ、太極拳、社交ダンス、健康体操、フラダンス、グラウンドゴルフ。入会は毎週水曜日にココランド体育館で受け付け中。体験は100円で、21日は太極拳と社交ダンス、28日はレクダンス、フラダンス、グラウンドゴルフを予定。予約や問い合わせは、中川会長(電話21-7768)へ。

カテゴリー:地域,スポーツ2018年2月15日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter