第1回日報小学生バレー、西岐波と東岐波がV

第1回宇部日報小学生バレーボール大会は19日、西岐波小体育館など市内3会場で開かれ、6年生を主体としたAブロックは西岐波、5年生以下のBブロックは東岐波が初代チャンピンに輝いた。市小学生バレーボール連盟、宇部日報社主催、ココランド協賛。

開会式では、同連盟の藤永昌孝会長が「多くの人の支援があってバレーができることを忘れず、第1回大会のチャンピオンを目指して」、宇部日報社の脇和也社長が「新しい縁をいただき、大会を開くことができて、うれしく思う。皆さんの活躍が来年以降の大会につながっていく。日頃の成果を十分に発揮してほしい」と激励。東岐波の稲森まこ主将(6年)が「支えてくれる人たちに感謝し、プレーしたい」と選手宣誓した。

両ブロックとも予選リーグの後、上位チームが決勝トーナメント、その他のチームが順位リーグやトーナメントに駒を進めた。

9チームが出場したAブロックは、西岐波小と常盤小で実施。決勝トーナメント決勝では、西岐波が厚南を2-0で破った。8チームによるBブロックは厚南小を会場に行い、決勝トーナメント決勝で東岐波が西宇部を2-1で下した。

ココランドから、Aブロックは西岐波の河原莉奈主将(6年)、Bブロックは東岐波の上水心海主将(5年)に最優秀選手賞が贈られた。

カテゴリー:地域,スポーツ2018年8月20日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter