日報杯高校バスケ、男子は豊浦、女子は東海大福岡優勝

山口県宇部市第20回宇部日報杯争奪高校バスケットボール記念大会は4月28、29の両日、宇部工高、西部体育館など市内4会場で開かれた。男子は豊浦が59-49で宇部工を下して3年連続5回目の王者に輝き、女子は東海大福岡(福岡)が徳山商工に86-76で勝利し、連覇を果たした。宇部日報社、市バスケットボール協会主催。ミセスヘルパー喜楽苑特別協賛。

節目の大会に出場したのは県内外の男女各20チーム。地元からは、男子9チーム、女子7チームが出場。男子は宇部工が準優勝、山口が3位、女子は慶進が4位、宇部商が6位となり、他のチームは下位順位戦に回った。

表彰式では男女上位4チームを表彰。大会第20回記念として、男子は松江西(島根)、女子は長崎西(長崎)に敢闘賞を授与した。男女各5人の優秀選手には、地元から男子は刀祢海夢選手(宇部工3年)と岡村篤選手(山口2年)、女子は髙山琴絵選手(慶進3年)が選出された。

カテゴリー:スポーツ2018年5月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ