日報杯バスケ、女子は慶進が優勝

第17回宇部日報杯争奪高校バスケットボール大会は25、26日、西部体育館など市内4会場で開かれた。男子は柳井が64-58で山口を下し初優勝。女子は慶進が78-57で済美(愛媛)を破り、3年ぶり3回目(宇部女子時代も含む)の優勝を果たした。宇部日報社、市バスケットボール協会主催。(2面に成績)
県内外から男女各20チームが出場。初日は準々決勝までを行い、2日目は準決勝、3位決定戦、決勝のほか、5~8位決定戦、下位順位戦も実施した。
男子7チーム、女子5チームが出場した地元勢では、男子は宇部工が4位、女子は慶進のほか宇部商が7位。その他のチームは2回戦までで敗れ、下位順位戦に回った。
男女の決勝会場で開かれた表彰式では、上位4チームを表彰。男女各5人が選ばれる優秀選手には、地元勢では、嶋利樹選手(宇部工3年)、山下理帆選手(慶進3年)藤永望花選手(同)の3人が選ばれた。

カテゴリー:スポーツ2015年4月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ