恩田小の木村君、ホークスジュニア入り

恩田小6年の木村楓君(12)が、28~30日に福岡市のヤフオクドームで開かれる第10回NPB12球団ジュニアトーナメントに、福岡ソフトバンクホークスジュニアチームの一員として出場する。「日本一になれるように頑張りたい」と意気込んでいる。  木村君は小学2年から恩田クラブで野球を始めた。左投げ左打ちでポジションは投手。4年から北九州市で開講されているホークスジュニアアカデミー三萩野校にも週1回通い、腕を磨いている。同アカデミーのコーチ、大野隆治さんを師と仰ぎ、大野コーチに応募を勧められてホークスジュニアチームの今年の選抜テストを受験した。  選抜テストには、九州、山口地区から約350人が参加。1次から3次まであり、木村君は倍率20倍の難関を突破し、メンバーの18人に名を連ねた。  チームメートには他に5人の投手がおり、しのぎを削る。コントロールと打者の手元で動くボールが持ち味で、バント処理のフィールディング、けん制なども高評価されており、先発、リリーフでの登板が期待される。  木村君は「チームメートはレベルの高い選手ばかりで、一緒に練習するだけでも刺激になる。試合ではしっかり相手を抑えたい」と意欲を見せた。

 

カテゴリー:スポーツ2014年12月17日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter