岬おやじの会が女児サッカー体験教室

サッカー好きの女の子集まれ! 岬おやじの会が昨年12月から、女子児童を対象にしたサッカー体験教室を岬小で開催。3回目の9日は近隣校区にも声を掛け、恩田小の子供も加わって16人がボールを追った。いずれは市内全域に対象を広げて、女子チーム「なでしこキッズ」の結成を目指す。
岬小児童の父親でつくる同会は、昨年5月に誕生。校区文化祭に参加したり、学校遊具の補修に取り組んだりしている。サッカーをしたい女の子に体験できる機会をつくろうと、教室を始めた。参加は無料。
会員の秋本光彦さんらの指導で、準備体操とストレッチ、体幹トレーニングをした後、ゲーム方式で基礎体力を養い、低学年と高学年に分かれて試合を行っている。今月2日の2回目までは2時間だったが、子供たちから「物足りない」との声が上がり、9日は3時間に延ばした。
「地域の垣根を越えて一緒にスポーツの楽しさを感じてほしい。初めてサッカーをする子も運動が苦手な子も大歓迎」と秋本さん。同会では市内単独の女子チーム旗上げを目標に、まずは地元常盤中学区(岬、恩田、見初校区全域と神原校区の一部)で重点的にPRに励むことにしている。
岬小6年で、秋本さんの娘の姫依(ひより)さんは「ゴールを決めると、やったーという気分」、同5年の河村多恵子さんは「話したことがない人とも一緒にプレーできて、仲良くなれるのがうれしい」と言う。

カテゴリー:スポーツ2014年2月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single