山陽小野田市で玉入れの熱戦

山陽小野田市主催の「小学生玉入れ№1決定大会」が19日、市民体育館で開かれた。20チームがスポーツ玉入れの「アジャタ」に親しみ、高学年の部は高千帆ミニバスケットボール、低学年の部は高千帆サッカーBが優勝した。

アジャタは100個の玉を頭上のかごに入れ終わるまでのタイムを競うゲーム。高学年の部(4~6年生)に13チーム、低学年の部(1~3年生)に7チームが出場し、それぞれ予選と本選が行われた。低学年の部に出場したチームの多くは、学校のクラス、スポーツ少年団仲間と編成。互いに声掛けしながら、培った団結力を発揮していた。一度に多く入るように玉をまとめて投げる大技も見られた。

カテゴリー:スポーツ2017年2月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single