山陽小野田市でねんりんピック出場壮行式

第26回全国健康福祉祭こうち大会(ねんりんピックよさこい高知2013)に山陽小野田市内から出場する選手の壮行式は4日、市役所で開かれ、白井博文市長が選手を激励した。
市からは、グラウンドゴルフ、サッカー、囲碁の3競技に6人が参加。壮行式には町田正勝さん(70)、藤井盛さん(81)、副島義克さん(79)、柏村純子さん(85)の4人が出席した。
白井市長は「山口大会も2年後に控えており、頑張ってきてください。思い出に残る大会にしてほしい」と述べ、4人に激励費を手渡した。
選手を代表して柏村さんは「自分なりに一生懸命頑張ってきたい」と決意表明した。
ねんりんピックは、厚生労働省と長寿社会開発センターが主催し、都道府県が持ち回りで開催。主たる参加者は60歳以上。こうち大会は「長寿の輪 龍馬の里で ゆめ交流」をテーマに26日に開幕。10種目のスポーツ交流大会、10種目のふれあいスポーツ交流大会、4種目の文化交流大会など、健康・福祉・生きがいに関連するイベントが多数行われる。
市内の大会出場選手は次の通り。(敬称略)
▽グラウンドゴルフ=藤井盛(81)副島義克(79)▽サッカー=町田正勝(70)今村達雄(69)黒木弦(70)▽囲碁=柏村純子(85)

カテゴリー:スポーツ2013年10月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single